投信の選び方~入り口

ファンド(投資信託)を選ぶ際に、基準としてよく言われるのは、次のようなものだと思う。
「まず資産クラスを選ぶべし」「手数料を確認すべし」「過去のパフォーマンス(つまり運用の成績、トラックレコード)を確認すべし」

しかし、それらは投資する多くの人にとって、一足飛びに進み過ぎではないかと思う。
まずは一息落ち着いて、

    1.投資をする人が投資についての知識をどれくらいもっているか
    2.今後どのくらいコミットメントして勉強していくつもりか

を見極めることが大事だと思う。

多くの人にとって、毎日、金融市場の動きを見ることや、さらにはそれに応じて投資の判断を下すことはかなり難しい。できたとしても、その投資の判断がうまくいく保証はない。

そうであるならば、一度投資を始めた後に、ある程度の期間はそのままにしておいて良いように先立って戦略を立てて臨むべきだと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です